人気ブログランキング |
先日の池江璃花子さんの白血病の発表は、衝撃でした。
前向きなコメントは、18歳とは思えないと感心しました。
今の時点で、彼女のオリンピック出場を取り上げる報道やコメントに驚き
治療に専念できる環境で病に完勝し、完治をお祈りします!


a0275676_23494131.jpg

先週末に映画「メリーポピンズ」を観てきました。54年ぶりの続編と話題
ジュリー・アンドリュース主演の前作は、中学生の頃に観て大好きでした。
当時はDVDなどなく、何回か映画館で観た記憶あり
ミュージカルですから、ジュリー・アンドリュースの歌声の素晴らしさ
メリーポピンズは風にのってやってきた妖精のナニー、アニメシーンとの合成場面はワクワクした楽しさでした。


今回の「リターズ」は、上手に前作を踏襲しているように思います。
私のような前作ファンにも、たぶん初めて観る人にも、ファンタジーの面白さが伝わってくる作品だと思いました。
ただ、前作の歌がないことが、残念
「スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス169.png」と、一所懸命覚えたのにね。
予備知識なく映画館に行ったので、コリン・ファース、メリル・ストリープ、ジュリー・ウォルターズなど豪華な共演者にビックリで嬉しい!
主演のエミリー・ブラントは、原作の挿絵の雰囲気に似ているような気がします。

実は、映画以上に大好きなのが原作の「メアリーポピンズシリーズ」
映画より原作のメアリーポピンズの方が、完全無欠、シニカルでちょっと意地悪なところがあり、妖精より魔女的で、そこが魅力です。
もちろん、子どもの心に寄り添う存在で、子どもの味方
当時の本が、今でも本棚にあります。
ずっと、私と一緒で、娘も読んだ本
a0275676_23524233.jpg
背伸びして、中学生の時に買ってもらった洋書『Mary Poppins From A-Z』は、英語劣等生の私は未読のまま・・・
ペーパーブックの洋書、娘が購入して卒論の参考にしたものです。
「老後に辞書片手に読んだら」と、発破をかけられてしまいました。

懐かしさでいっぱいになった映画、楽しい時間でした

by greenkatastumuri | 2019-02-14 23:57 | 映画 | Trackback | Comments(0)

初めての「おひとりさま」を楽しむ日々


by のんきなかたつむり