人気ブログランキング |

タグ:お出かけ ( 9 ) タグの人気記事

6月末退職のため、今月は有給休暇消化月間でした。
時間がたっぷりあることは、やはりのんびりダラダラ…反省です。
メリハリのある生活を目指さなくては!!

今日は、最近始めた「新江戸百景」散策で本郷にある文京区ふるさと歴史館へ
お昼過ぎに春日通りに出たら、上野公園行きバスを発見!
急きょ予定変更、上野動物園へ
a0275676_23250291.jpg
初めて不忍池口から入園したら、新しいパンダ舎が建築中でした。
来年末まで中国返還が延期されたシャンシャンも新パンダ舎で飼育されることになり、嬉しい!
a0275676_00044716.jpg
6月12日に2歳になったシャンシャン
約2か月ぶりですが、大きくなっていました。
体重が約60キロ、母親のシンシンが120キロですから約半分
シャンシャンを間近でみると、成長していることが分かります。
ネットの「UENO PANDA LIVE」をチェックしていますが、
身体が大きくなっても、たくさん遊んで、たくさん飼育員さんに甘えていて、まだまだしぐさが子どもで可愛い!!
りんごが大好き、人参は嫌い、おやつが欲しくて催促している姿をみると、人間の子どものようで、微笑ましく思います。
a0275676_23273074.jpg
ちょうど大きな運動場から戻ってきて、扉の向こうの飼育員さんにご挨拶とおやつの催促しているところ162.png

今日は早朝台風の影響があり、わりと空いていて、20分から40分待ちでしたから、4回並んでも2時間あまり
並んでいるときには、私と同じように一人でパンダ一家に会いに来ている方々と、楽しくシャンシャン・パンダの情報交換
毎週通っている方から貴重な話もあり、シャンシャンの中国返還後の予想もいろいろ、「シャンシャンおっかけツアー」の話まで出て和気あいあいの時間

上野パンダ一家に会えて、楽しく気分転換できました。
上野動物園の年間パスをSuicaと一緒にしていて大正解!

by greenkatastumuri | 2019-06-29 00:17 | お出かけ | Trackback | Comments(2)
この週末の東京は、真夏のような気温!
北海道の佐呂間町では気温39度台と酷暑
オホーツク海沿いの町、寒さ厳しき所ですから、本当に異常な高温です。

来年の東京オリンピックは真夏開催
無事に終わることを祈るばかりです。
と言いながら、オリンピックのチケットの申込済み
当たるかしら?

先週、国立博物館で開催中の「東寺展」に行って来ました。
a0275676_20345722.jpg

空海が、密教の経典をあらわした曼陀羅の世界を仏像で立体的に表現
その東寺の講堂の21体の仏像のうち15体が出品されて、圧巻でした。
講堂の数倍はある空間ですから、日ごろは見ることができない後姿も含め全体的に、間近でみることが出来ました。
ただ、博物館という広い空間にあると、手をあわせるというより、鑑賞する気持ちに・・・
a0275676_21210420.jpg
「帝釈天騎像」、美男です!(この仏像のみ、撮影可)

今回、東寺の数多くの曼陀羅が出品されています。
先日NHKのテレビの「京都の大宇宙 東寺」で紹介されていた儀式「後七日御修法」の堂内の様子が、大きな2幅の曼陀羅とともに再現されていたことが、興味深かったです。
今でも朱色の鮮やかさが残り、描かれた当時の平安時代は眩いほどだったのでしょう。

今まで仏像に比べてなじみのなかった曼陀羅
ちょっとだけ理解できたように思えたのは、京都在住の従姉が熱心に解説してくれたおかげです。
1年ぶりに従姉と会って、いろいろと話もできて気分転換になりました。

by greenkatastumuri | 2019-05-26 21:28 | 美術展 | Trackback | Comments(0)

目指せ晴耕雨読かな?!

長かった連休が終わり、令和時代が始まりました。
職場はすべて元号のため、最初は「令和元年」の文字が目新しかったですが、
忙しくてそれどころではなくなることに。
この長い連休明けは、どの職場も大忙しだったのではないかしら・・
もちろん、連休中もお仕事だった方はこの10連休はもっと大変だったと思います。

今日は、吉祥寺で用事を済ませた後、久しぶりに井の頭公園へ
井の頭公園100周年を記念して、数回のかいぼりを実施したので、池の水が綺麗になったようです。
a0275676_22034445.jpg
桜のお花見、ゴールデンウィークが終わった平日の今日は、人もまばら
ベンチでのんびり
おにぎりは「しそちりめん」美味しかった!
a0275676_22043107.jpg
連休中、これからのことをゆっくり考えてみました。
理想は「晴耕雨読」かな
実際に耕すことはできないけれども、暮らしを楽しむ気持ちを持つ、育てていきたいと思います。
その前の課題は、我が家の整理、片付けであることは、確かだけれども



by greenkatastumuri | 2019-05-10 22:08 | 日常 | Trackback | Comments(0)
連休が始まりました。
金曜日がお休みの私は、11連休!
と言っても、遠出の予定はなくのんびり過ごしてます。

平成時代は今日を入れて、あと2日。
昭和生まれの私にとって、結果はどうであれ、平成の時代は一所懸命に私なりに生きてきたと思い返しています。

昨年、平成最後の年に父を見送り、息子が結婚して、気持ちの上でも一区切り。
令和の時代は、齢を取ることを恐れない気持ちでいたいと、思います。
そのためには、健康であることが一番
そして、周りを気遣うこと、自分の気持ちに正直でいること、この相反するような二つのことに気を付けていきたいと。

連休前に、65歳になったプラス効果を実感!
公営の観光施設は、シニア料金が適用され、嬉しい!!
令和時代は、このシニアであることを活用して楽しみましょう。
あくまでも、ルールを守ってですが。

上野動物園 シニアの年間パスポート 1年間1200円
大好きな白熊
a0275676_11425390.jpg
念願のシャンシャンのミルクタイム
a0275676_11435146.jpg
隣接する国立科学博物館 常設展無料
ハチ公と南極犬ジロ
日本犬の代名詞的存在
a0275676_11465771.jpg

江戸東京博物館  常設展300円
江戸ゾーンの芝居小屋中村座の再現
a0275676_11472666.jpg
東京ゾーンでは、昭和生まれの私にとっては懐かしいものがいっぱい!
小学校時代の給食、悪夢の脱脂粉乳
a0275676_11475247.jpg
東京オリンピック、予選でしたが駒場に行った記憶あり
a0275676_11504137.jpg
子どもの頃の昭和は、思い出がいっぱいです。
平成時代は個人的なことを除くと、目まぐるしく進歩していく最新機器と自然災害が印象的なような気がします。
令和時代が平和で安心して生きていける時代であることを、切に願うばかりです。



by greenkatastumuri | 2019-04-29 12:11 | 日常 | Trackback | Comments(0)
明日で東日本大震災から8年
寒い夜だったと思い出しますが、まだ5万人以上の方が不便な避難生活をおくっていらっしゃるとのこと。
復興の道のりはまだまだと、再確認する日
この8年間も災害が次々と起こり、平成時代は災害の多い時代だったと思います。

このような日ですが、最近二つの美術展に出かけてきました。

a0275676_23404654.jpg

六本木で開催されている「新北斎展」
葛飾北斎、富嶽百景の浮世絵で有名ですが、30回画号をかえ、93回転居したと言われています。
今回の美術展は、目まぐるしく変えた画号のうち、6つの代表的な名前ごとに展示されていて、生涯を様々な作品でたどることが出来て、とても興味深く感じました。

北斎と一般的には言われていますが、若い頃から「春朗」「宗理」「北斎」「載斗」「為一」「画狂老人卍」などなど・・・
題材も、美人画、風景、宗教画、歌舞伎、北斎漫画などのデッサンと様々
若い頃の「春朗」「宗理」時代は、端正な浮世絵が印象的でした。
今回が初公開の津和野藩伝来の細かい「摺物」は、色鮮やかなままで驚きました。


デッサン力の素晴らしさが、趣向が変わっても根底にあるように思います。
この多才な表現は素晴らしいです。
a0275676_23410114.jpg
ヨーロッパの印象派に影響を与えた北斎は、天才とあらためて認識しました。
鎖国の江戸時代の庶民の画家が、世界に影響を与えた事実はお見事の一言

もう一つが、東京都美術館の「奇想の系譜展」
サブタイトルが「江戸絵画のミラクルワールド」
八人の画師がとりあげられていますが、「伊藤若冲」と「鈴木其一」をみたくて出かけました。
a0275676_23412792.jpg
若冲は、大ブーム中
その色々な鮮やかさと緻密な描写が魅力的ですが、水墨画も好きです。
鶏の画が有名ですが、この「象と鯨図屏風」のおおらかな表現が印象的
a0275676_23414076.jpg

江戸琳派の鈴木其一は、今回作品数は少なかったですが、この小さな「貝図」が好きになりました。
a0275676_00010822.jpg
この二つの美術展、一つの半券を保存していると、もう一つのチケットが割引になる相互割引あり。
半券を捨ててしまって、損したなと思っていたら、東京都美術館は65歳以上のシニア料金で1000円でした。
年齢を重ねて、得した気分になれて大満足です!
これから、ちょっと気楽に美術館におでかけできそうです。

隣の上野動物園の年間パスポート、シニアは1200円
帰りに早速購入
上野界隈へのお出かけが増えそう!


by greenkatastumuri | 2019-03-11 00:08 | 美術展 | Trackback | Comments(0)

武蔵野吉祥七福神めぐり

2019年が始まりました。
3日の熊本の地震6には驚きました。
自然災害のない穏やかな年となりますように!!
昨年が人生の一つの節目の年となったので、笑顔で一年過ごしたいものです。
自分の気持ちに素直になって、しなやかな生き方がしたいですね。

4日に、武蔵野吉祥七福神めぐりをしました。
a0275676_22235026.jpg
武蔵野市の商工会議所の企画で、7日まで市内の寺社の七福神めぐり
ここ数年行われているようで、毎年気になっていました。
9kmほどのコースで、期間中は臨時のバスも運行
2000円の色紙セットは、色紙、御朱印代、一日バス券、手ぬぐい、地元のうどんと、サービス満点

地元の杵築大社の恵比寿様からスタート
引越してから、毎年お詣りをしている神社で、富士塚のある立派な境内です。
a0275676_22243126.jpg
徒歩30ほどで延命寺(寿老人様と毘沙門天様)

ちょうどバスの時間がピッタリだったので、バスで吉祥寺北側エリアへ
大法善寺(福禄寿様)
武蔵野八幡宮(大國様)
この八幡様は地元では有名ですから、初詣の方がたくさんいました。
安養寺(布袋尊様)

吉祥寺駅の南側に行き、井の頭公園内の井の頭弁財天様
a0275676_22250142.jpg
一区間だけバスに乗りましたが、10時前からお昼過ぎまでにまわることができました。
三つのお寺は、どこも初めて
井の頭公園の池が本当に綺麗で嬉しい!
数年にわたった3回の「かいぼり」の成果があったのでしょう。
澄んだ空が映った青色が印象的です。
a0275676_22265948.jpg
今年の家族一年の健康と平和な日々を、地元の七福神様たちに手をあわせて祈ることができました。
3つのお寺は初めて訪れたところ
お正月太りの解消にウォーキング、これからの散歩ルートも研究できたし、一石三鳥以上のご利益がありました。

10連休の休みも今日まで、明日から仕事、頑張らねば!
今年も、よろしくお願いいたします。

by greenkatastumuri | 2019-01-06 22:48 | お出かけ | Trackback | Comments(0)
金曜日、やっと上野の森美術館の「フェルメール展」に行ってきました。
a0275676_23130678.jpg
最後の展示室に、8点のフェルメール作品が並んでいることに、感激!
現存するフェルメールの作品は35点と言われていますから、その1/5ほどが東京で見る事ができる事に感謝です。
有吉玉青さんの『恋するフェルメール』を読んで以来、フェルメールの作品が東京に来日すると、美術展に足を運んでいますが、この作品数は圧巻で嬉しい102.png

有名な「牛乳を注ぐ女」
働く女性の姿、テーブルの上のパン、永遠に注がれていると表現されている牛乳の存在感が圧倒的です。
「マルタとマリアの家のキリスト」
宗教絵画ですが、テーブル掛けが他の作品と同じようねと思ってしまいます。
「真珠の首飾りの女」「手紙を書く女」「リュートを調教する女」
特徴的な毛皮の縁取りの黄色の上着をまっとた女性の絵画が三枚並ぶことに感動!
この中では、細部の光の表現が素晴らしい「手紙を書く女」が特に好き。
この5点は2回目ですが、3回目が「手紙を書く婦人と召使」
舞台の一場面のような印象をもつ絵画

今回の日本初公開の「ワイングラス」と「赤い帽子の女」
「ワイングラス」は、人物から室内の様子、窓のステンドグラスと細かなところまで描き込まれているところが素晴らしい。
以前にみた「ワイングラスをもつ女」より、ずっと上品で素敵
「赤い帽子の女」は、肖像画として描かれたように思います。

この展覧会は、日時指定制で2500円
ちょっと高いなと感じていましたが、混んではいたけれども、無料の音声ガイド付きで一枚一枚ゆっくりと鑑賞できました。

来日していない「デルフトの眺望」や「水差しをもつ女」「天秤をもつ女」も見たい!
旅にでないとダメかしら・・・

a0275676_23140432.jpg

せっかく上野まできたし、シャンシャンに会いたいと、動物園の入り口まで行ったら120分待ちで断念137.png
その晩に、来週からのシャンシャンの完全独り立ち移行のお知らせを知り、ちょっとショック
シャンシャン頑張れ!
シンシンは子育てお疲れ様!




by greenkatastumuri | 2018-12-09 00:18 | 美術展 | Trackback | Comments(0)
毎日のように台風が発生し、19・20号と連続して接近、20号は西日本に上陸
東京も、昨夜から強風が吹いてました。

今日は、今年3回目の上野動物園
やっと、動いているシャンシャンちゃんに会う事ができました104.png
開園後すぐは、屋外で水遊び
a0275676_22360322.jpg
a0275676_22363528.jpg
2回目に並んだら、屋内の母子でお遊び(ハンモック争奪戦?!)
a0275676_22471597.jpg
少し時間をおいた3回目は授乳中
a0275676_22505615.jpg
1歳を超えて成長し笹を食べ始めたそうですが、まだまだ赤ちゃんで微笑ましい
パンダはぬいぐるみより本物の方が可愛いと思い、気持ちが和みます。
今日は微妙な天気だったからか、並んでも30分以内でラッキーでした。

シャンシャンは、1歳半を過ぎると親離れ、2歳を過ぎると中国に行くとか....
上野動物園出版の本に「上野動物園生まれのパンダやその子孫が、中国での繁殖や自然の中の野生復帰に貢献できたら素晴らしいことです」と、記されています。
このシンシンとシャンシャン母子の今の姿は、貴重なものなのでしょうね。

和歌山でも、最近赤ちゃんパンダが生まれました。
日本生まれのパンダさん、その愛らしい姿に期待や夢を背負っているようです。
10月に和歌山旅行の予定、楽しみ!

by greenkatastumuri | 2018-08-24 23:32 | 楽しみ事 | Trackback | Comments(0)

気象神社

西日本の大雨、甚大な被害となっています。
河川の氾濫、土砂崩れと、自然災害の恐ろしさをまざまざと感じます。

今日は、高円寺にある気象神社にお参りしてきました。
氷川神社内にある末社です。
a0275676_22391857.jpg
中央線沿線に住んで35年ほどになりますが、Kinnki Kidsのテレビ番組の「ブンブブーン」で紹介されるまで、知りませんでした。
日本で唯一のお天気の神様で、元は陸軍気象部にあったそうです。

今回は、沖縄旅行の晴天を祈る娘に付き合って。
あわせて、西日本の大雨が止むようにと、祈りました。

絵馬がお天気占いにちなんだ「下駄」の形、ユーモアたっぷりです。
お守りも「てるてる坊主」
a0275676_22401236.jpg
御朱印も、お天気と月によりかわり、手作りの押印で、カラフルで楽しい
今日いただいた御朱印は、七夕の短冊のデザインがあります。
a0275676_22410076.jpg
今夜の日本は、彦星と織姫が会うことができない空の所ばかりでしょう。
被害にあわれた方々にとっては、七夕どころではないと思います。
穏やかな空を望む七夕になりました。
今回の豪雨災害で被災された皆様にお見舞い申し上げます。



by greenkatastumuri | 2018-07-07 23:13 | 御朱印 | Trackback | Comments(0)

初めての「おひとりさま」を楽しむ日々


by のんきなかたつむり