人気ブログランキング |

<   2019年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

先日の池江璃花子さんの白血病の発表は、衝撃でした。
前向きなコメントは、18歳とは思えないと感心しました。
今の時点で、彼女のオリンピック出場を取り上げる報道やコメントに驚き
治療に専念できる環境で病に完勝し、完治をお祈りします!


a0275676_23494131.jpg

先週末に映画「メリーポピンズ」を観てきました。54年ぶりの続編と話題
ジュリー・アンドリュース主演の前作は、中学生の頃に観て大好きでした。
当時はDVDなどなく、何回か映画館で観た記憶あり
ミュージカルですから、ジュリー・アンドリュースの歌声の素晴らしさ
メリーポピンズは風にのってやってきた妖精のナニー、アニメシーンとの合成場面はワクワクした楽しさでした。


今回の「リターズ」は、上手に前作を踏襲しているように思います。
私のような前作ファンにも、たぶん初めて観る人にも、ファンタジーの面白さが伝わってくる作品だと思いました。
ただ、前作の歌がないことが、残念
「スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス169.png」と、一所懸命覚えたのにね。
予備知識なく映画館に行ったので、コリン・ファース、メリル・ストリープ、ジュリー・ウォルターズなど豪華な共演者にビックリで嬉しい!
主演のエミリー・ブラントは、原作の挿絵の雰囲気に似ているような気がします。

実は、映画以上に大好きなのが原作の「メアリーポピンズシリーズ」
映画より原作のメアリーポピンズの方が、完全無欠、シニカルでちょっと意地悪なところがあり、妖精より魔女的で、そこが魅力です。
もちろん、子どもの心に寄り添う存在で、子どもの味方
当時の本が、今でも本棚にあります。
ずっと、私と一緒で、娘も読んだ本
a0275676_23524233.jpg
背伸びして、中学生の時に買ってもらった洋書『Mary Poppins From A-Z』は、英語劣等生の私は未読のまま・・・
ペーパーブックの洋書、娘が購入して卒論の参考にしたものです。
「老後に辞書片手に読んだら」と、発破をかけられてしまいました。

懐かしさでいっぱいになった映画、楽しい時間でした

by greenkatastumuri | 2019-02-14 23:57 | 映画 | Trackback | Comments(0)
今日は節分

夕食は、恵方巻、大根と鰯の煮物、豚汁
a0275676_23045421.jpg
ここ数年、問題となっている恵方巻の廃棄
節分の夜という一日勝負の生ものだから、売り残りの無駄がでますよね。
自分で作ればいいのでしょうが、私もスーパーで買ってしまいます。
20年ほど前に、兵庫県の西宮に引越して初めて「恵方巻」の習慣を知りました。
それが、今では全国どこでも「節分は恵方巻」となって、毎年日本の商魂のたくましさを感じます。
バレンタインのチョコも同じですね。

今回の鰯の煮物は、職場の非常食保管用の缶詰を賞味期限一日前にもらい、汁ごと大根と煮た手抜き調理
簡単でしたが、美味しくできたと自画自賛
こちらの方は、廃棄せずに有効活用できたと思います。

子どもの頃に、父と豆まきを一緒にしていたことを思い出します。
なぜか、毎年父が一番張り切っていました。
豆まきと同時に、悪い所がなくなりますようにと願いながら、豆を紙に包んで頭から足まで撫で、無病息災を願って、年齢の数の豆を食べました。

今では、身体の悪いところ、心配なところが多くて、真剣に節分の豆にお願いするようになりました。
また、年齢の数だけ食べるのは多すぎて無理ですから、年齢の数字の足し算の数
玄関とベランダで、一人で電気を消して、こっそりとささやかに「福は内、鬼は外」
たくさん残った節分の豆は、「節分豆のマリネ」のレシピが美味しそうなので、明日作ってみようと思います。


by greenkatastumuri | 2019-02-03 23:34 | 日常 | Trackback | Comments(0)
a0275676_23553709.jpg

今日から2月がスタート
1月中に、この1年で何をしようか?何をした方がいいか?など、漠然と考えていました。

その中で考えていたことの一つが、気の向くままに広がっている興味の対象を絞ることがありました。
すぐに仕事を辞める辞めないはちょっと置いといても、これからつつましく暮らしていくためには、少し狭めた方がいいかなと
旅行、歌舞伎、美術展、動物園、御朱印、江戸検定、美味しい物などなど、好きな物がたくさんあり過ぎて良いのか悪いのか・・・
物の断捨離も兼ねて考えてみようと決めていました。

好きなことの中に嵐もありますが、コンサートが当選しなかったショックもあり、ファンクラブをやめてもいいかなと思い始めていました。
そうしたら、いきなり2020年12月末で休養の発表があり、驚き!

後2年、彼らの記者会見の言葉の通りに、オバサンファンの一人として、楽しみたいと思っています。
嵐のグッツなど、もろもろ片付け始めていましたが、この断捨離は、今から一時休止となりそうです。

嵐に関しては、追加コンサートの多さから、何かあるのかな?と感じていました。
驚きもあるし、寂しさはあるけれども、それほど大ショックはなかったかな・・
たまたま発表当日お会いして2度目のお嫁さんのお母様はじめ、従姉、義妹、友人たちから「大丈夫?」と、心配してもらい恐縮しています。

嵐の五人には、10年以上楽しませてもらい、背中をおしてもらい、ありがとうです!
昔まだまだ落ち込んでいた時に、コンサートの非日常の世界、素晴らしい景色をみた気持ちは感謝カンゲキ雨嵐169.png
5×20のコンサートに行くことが出来ますように!!

by greenkatastumuri | 2019-02-02 00:05 | | Trackback | Comments(0)

初めての「おひとりさま」を楽しむ日々


by のんきなかたつむり