人気ブログランキング |

<   2019年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

連休の最終日、朝ボーっとテレビをつけていたら、いきなり歌舞伎座の舞台からの中継

歌舞伎俳優の市川海老蔵さんが、来年2020年に十三代目市川團十郎白猿を襲名する発表記者会見!
息子の堀越勸玄くんが八代目市川新之助の同時襲名、親子そろって舞台の上に並んでいました。
a0275676_21361728.jpg
歌舞伎役者は、基本的には世襲、いつかは襲名披露があると思っていましたから、ついに来年かと嬉しく思いました。
来年5月から7月の歌舞伎座の襲名披露興行、観劇したいな!

新元号、オリンピックの年に歌舞伎でも最大のイベントということでしょうね。
市川團十郎の名跡は、江戸時代から歌舞伎界最高の権威、江戸っ子の花形であり、憧れの的
海老蔵さんが、一時のやんちゃぶりが嘘のように、落ち着いていました。
息子さんも、5歳の年齢で襲名の挨拶、記者会見におとなしく同席していることにも、驚きました。
海老蔵さんは、舞台映えのする「華のある役者」さん、来年が楽しみです。
息子さんも、これから新之助、海老蔵、團十郎と名前を継いでいくのは、大変でしょうけれども、その将来が楽しみ

團十郎襲名のニュースをきくと、思い出すことがあります。
1969(昭和44年)の現海老蔵さんの父の市川海老蔵襲名の時に、父方の祖母が襲名披露の観劇をするために、京都から上京してきました。
当時すでに亡くなっていた現海老蔵さんの祖父の十一代團十郎さんの大ファンだったためで、母が観覧券のために歌舞伎座に並んだり、なんだか大騒ぎでした。
祖母にとっては、大好きだった役者さんの息子さんの晴れ姿をみることは、最大の楽しみだったのでしょう。

今回の襲名も、昔からのご贔屓さんは祖母と同じ気持ちの方がたくさんいらっしゃると思います。

by greenkatastumuri | 2019-01-14 21:42 | 歌舞伎 | Trackback | Comments(0)

武蔵野吉祥七福神めぐり

2019年が始まりました。
3日の熊本の地震6には驚きました。
自然災害のない穏やかな年となりますように!!
昨年が人生の一つの節目の年となったので、笑顔で一年過ごしたいものです。
自分の気持ちに素直になって、しなやかな生き方がしたいですね。

4日に、武蔵野吉祥七福神めぐりをしました。
a0275676_22235026.jpg
武蔵野市の商工会議所の企画で、7日まで市内の寺社の七福神めぐり
ここ数年行われているようで、毎年気になっていました。
9kmほどのコースで、期間中は臨時のバスも運行
2000円の色紙セットは、色紙、御朱印代、一日バス券、手ぬぐい、地元のうどんと、サービス満点

地元の杵築大社の恵比寿様からスタート
引越してから、毎年お詣りをしている神社で、富士塚のある立派な境内です。
a0275676_22243126.jpg
徒歩30ほどで延命寺(寿老人様と毘沙門天様)

ちょうどバスの時間がピッタリだったので、バスで吉祥寺北側エリアへ
大法善寺(福禄寿様)
武蔵野八幡宮(大國様)
この八幡様は地元では有名ですから、初詣の方がたくさんいました。
安養寺(布袋尊様)

吉祥寺駅の南側に行き、井の頭公園内の井の頭弁財天様
a0275676_22250142.jpg
一区間だけバスに乗りましたが、10時前からお昼過ぎまでにまわることができました。
三つのお寺は、どこも初めて
井の頭公園の池が本当に綺麗で嬉しい!
数年にわたった3回の「かいぼり」の成果があったのでしょう。
澄んだ空が映った青色が印象的です。
a0275676_22265948.jpg
今年の家族一年の健康と平和な日々を、地元の七福神様たちに手をあわせて祈ることができました。
3つのお寺は初めて訪れたところ
お正月太りの解消にウォーキング、これからの散歩ルートも研究できたし、一石三鳥以上のご利益がありました。

10連休の休みも今日まで、明日から仕事、頑張らねば!
今年も、よろしくお願いいたします。

by greenkatastumuri | 2019-01-06 22:48 | お出かけ | Trackback | Comments(0)

初めての「おひとりさま」を楽しむ日々


by のんきなかたつむり