<   2018年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

先週、十月歌舞伎の夜の部を観劇
片岡仁左衛門さんの「助六」上演するからと、友人が声をかけてくれました。
中村勘三郎さんの「七回忌追善」公演で、好きな役者さん出演の舞台で楽しい観劇!


a0275676_21145238.jpg

「吉野山」は、静御前が坂東玉三郎さん、義経の家来の佐藤忠信が中村勘九郎さんです。忠信が、実は静御前の持つ鼓に張られている皮である狐子ども
玉三郎さんは、華やかな美しさ162.png
勘九郎さんも、時々狐のしぐさがでる愛嬌がありながら、武者ぶりが素敵でした。









a0275676_20453601.jpg

そして、今回の一番のお目当ての仁左衛門さんの「助六」!仁左衛門さんは、男気溢れるほれぼれとするかっこいい男伊達の助六177.png
歌舞伎特有の敵討ちの話が背景にありますが、煙管の雨が降る持て男ぶりが、たっぷり伝わってきます。


「助六」は、歌舞伎のお祭りのような演目
助六は、市川家の役というイメージがあります。
今回の演目は『助六曲輪初花桜』、
市川家の時は『助六所縁江戸櫻』となるようです。





相手役の揚巻は中村七之助さん、みずみずしい美しさです。
玉三郎さんが、助六たち兄弟の母役で登場
貫禄たっぷり!

仁左衛門さんの相手は玉三郎さんであって欲しいというのが、本心ですが、玉三郎さんが七之助さんに教えているのだと、思います。
今回、勘三郎さんの二人の息子さんが、先輩の相手役をつとめました。
歌舞伎の芸の継承が確実に行われているのでしょう。

ただ、仁左衛門さんも玉三郎さんも、まだまだ活躍していだだきたいです!!
お二人とも、舞台にでてくるだけで華やかになる素晴らしい役者さんですから。

[PR]
by greenkatastumuri | 2018-10-21 21:17 | 歌舞伎 | Trackback(1) | Comments(0)
先週の連休は、関西に出かけて、和歌山のアドベンチャーワールドのパンダ一家に会ってきました。
両親パンダと娘四人の大家族、素晴らしい‼
a0275676_00023357.jpg
上野と違い、並ぶ必要がないことに嬉しい驚き104.png
開園と同時に、三姉妹のいるPANDA LOVEへ
とんがり頭がトレードマークの2歳の結浜ちゃん
大きく感じますが、木の上に登って遊んでいる姿が、まだまだ子どもで愛らしい162.png
a0275676_00025633.jpg
a0275676_00033922.jpg
午後は、木の上で信じられない寝姿・・・落ちないところがスゴイ
a0275676_00041959.jpg
ガラス越しのお隣には、お姉さんの3歳の双子の桜浜ちゃん(耳が大きい)

a0275676_00115468.jpg
午後は、ネットで予約しておいた有料の「パンダラブツアー」に参加
パンダの寝室などの裏側に入り、飼育員さんから直接お話をたっぷり
間近で双子の桃浜ちゃんに、長いフォークで餌をあげることが、出来ました177.png
a0275676_00245078.jpg
3歳で体重70キロ、ティーンエイジャーぐらいのお年ごろの女の子
グルメで食いしん坊、笹ではなくおやつがいいと表情豊かで、面白い!
フカフカした毛皮、茶色のフサフサの足の裏など、間近で会えて、
1時間弱の至福のパンダタイムで、幸せ110.png

その後は、20分ほど列に並んで、お母さんの良浜にだっこされている
生後2か月の赤ちゃんパンダの真っ白な姿を見ることが出来て、満足です。
a0275676_00305567.jpg
唯一会えなかったのが、お父さんパンダの永明
この日は、暑かったので食欲がなくて非公開とのことです。
双子の桜浜と桃浜は、成長したので夏から個別展示になったとのこと

私立と公立、自然豊かな和歌山と東京都心と環境の違いがありますが、
どうしても上野のシャンシャンと比較してしまいます。
1歳で母と離れた結浜と1歳3ヶ月でもまだシンシンのお乳を飲んでるシャンシャン
結浜は幸せいっぱいで愛くるしいですが、
まだまだ母子で一緒に居られるシャンシャンは幸せだと思ってしまいます。

和歌山で生まれたパンダたちも、すでに11頭中国へ行ってます。
子だくさんの浜族だから、希少動物の繁殖を考えると当然なのでしょうね。
個性のある可愛らしいパンダ家族に会えて、和歌山まで旅した甲斐がありました。


[PR]
by greenkatastumuri | 2018-10-14 00:50 | 和歌山 | Trackback | Comments(0)

初めての「おひとりさま」を楽しむ日々


by のんきなかたつむり