人気ブログランキング |

<   2014年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

栄西と建仁寺展

日曜日に上野の国立博物館「栄西と建仁寺展」へ
a0275676_165627100.jpg

5月6日まで限定の建仁寺の左右揃った雲龍図八幅を見たかったからです!
ゴールデンウィークの後半に、父の付き添いで法事出席という大役?!がある為に諦めていましたが、友人がチケットを送ってくれたので、一人で開始時間9時半を目指して上野へ
到着したら長蛇の列、ギョッとしたら「キトラ展」の方でホッと006.gif
入口で待たされましたが、「建仁寺展」は中に入ればゆったりと展示を楽しむ事ができました。
(帰る時には「キトラ展」は90分待ち・・・・)

展示は、栄西が喫茶を広めた事から、「禅院の茶」から始まります。
「唐物肩衝茶入 残月」は、織田有楽,前田利家,徳川家康の手に渡ったという貴重な物
茶道具としての価値より、その由来にビックリ005.gif

a0275676_1743378.jpg「栄西の足跡」と「建仁寺ゆかりの僧たち」
僧侶たちの運慶派の仏師の手による写実的な木像が印象に残りました。
仏像では、十一面観音菩薩坐像が美しいお姿










そして、お目当ての「近世の建仁寺」
桃山時代に海北友松により描かれた建仁寺の襖絵、大きなサイズにまず、驚きました。
二匹の龍が描かれた水墨画の「雲龍図」は、大迫力!!
a0275676_16572341.jpg

二匹は阿吽、静と動を表していて、前のソファーに座って眺めていると、なんだか動き出しそうです。
建仁寺の玄関にあたる部屋にあるとか、この絵に迎えられたら、背中がキリッとするでしょうね。

「建仁寺ゆかりの名宝」
伊藤若冲の水墨画、水墨画でa0275676_1754868.jpg色がないのに、鮮やかな感じがします。










そして、最後に国宝の俵屋宗達の「風神雷神図屏風」
何回見ても、神様でありながらユーモラスであり、そのデザイン性がやはり素晴らしく至宝!
本館で尾形光琳の「風神雷神図屏風」も見ましたが、オリジナルの宗達の方が好きです003.gif

禅宗の臨済宗の開祖の栄西は「エイサイ」だと思っていましたが、展覧会のビデオでは「ヨウサイ」
間違っていたのかしら?と思いましたが、建仁寺では「ヨウサイ」としていて、どちらも正解だそうです。

NHKの「日曜美術館」を観ていたら、宗達の水墨画の「雲龍図」をワシントンの美術館が所蔵
見てみたいな!!
by greenkatastumuri | 2014-04-29 17:09 | 美術展 | Trackback | Comments(0)
こんぴら旅の最後は、もちろん食べ物006.gif

旅の初日は、高松の栗林公園に行きました。
高松藩の藩主の下屋敷の庭園、ところどころに蘇鉄もあり、開放的な感じ
お茶をいただいた掬月亭 井桁菱格子はモダンなデザインで、帝国ホテルなどの内装のヒントになっているそうです。
a0275676_2052256.jpga0275676_20523018.jpg













a0275676_20533952.jpgちょうどお昼時、公園そばのうどんをスマホで検索
上原屋 本店 
旅行者の私たち二人が場違いな地元の方が行くセルフサービスのお店
慣れないので、まずうどんを自分でゆでたり、トッピングを自分達で選ぶ事に驚きました005.gif
欲張り過ぎたお昼になりましたが、蛸の天ぷらやあげ、こしのあるうどん、美味しい!




可愛い琴電で琴平へ
1泊目はビジネスホテルにしたので、夕食は旅行前から食べたかった「骨付鳥」
a0275676_20555667.jpg

シンプルな味ですが、雛を選んだので柔らかくてジューシー

a0275676_20565435.jpg2日目の昼食は、友人の若い友人がレンタカーを借りてくださったので、さぬきやの肉うどん
肉うどんを、初めて食べましたが、本当に美味しかったです!!




a0275676_20573397.jpg帰る前に空港へ行く途中で食べた宝山亭の「おばけうどん」
大きな大きなあげがうどんの上にのってます。
めくると、下にはねぎとかまぼこ
見た目で「お化け」なのでしょうね!
ホテルの夕食も朝食も、必ずうどんがつきますし、とろろの昆布うどんも絶品


さすが、「うどん県」038.gif
どのお店も、それぞれうどんのこしや、汁の味が微妙に違ってますが、どこも美味しかったです!!


ホテルの夕食のデザート、アイスクリームの周りは「嫁入り菓子のおいり」
雨が降っていた為に、この「おいりソフトクリーム」が食べられなかった事がちょっと残念012.gif
a0275676_2104985.jpga0275676_2112399.jpg








a0275676_21242100.jpg今回は、桜はもう遅いとあきらめていましたが、思いがけず桜を楽しむ事も出来ました。


歌舞伎の他にも楽しみがたくさん003.gif
初対面でしたが、若いお知り合いもできましたし、従姉妹とも大人になって初めて旅を一緒で出来ました。
幹事役の友人をはじめ旅の同行者の皆さまに感謝です!!


自分へのお土産
帆掛け舟の形をしたピアス こんぴら狗とおまもりです。
a0275676_215547.jpga0275676_2151251.jpg
by greenkatastumuri | 2014-04-27 21:12 | お出かけ | Trackback | Comments(0)
今回の旅は、もちろん金刀比羅参りも大きな目的です。

「こんぴらさん」は、江戸時代から「金毘羅参り」盛んで、海上交通の守り神とされています。

日曜日の歌舞伎第一部が終わった後、雨の中785段の階段に挑戦
ただ、ずっと階段が続くのではないためか、なんとか御本宮まで上る事ができました!
a0275676_2103065.jpg

途中には、神馬や可愛いこんぴら狗の像があったりして、楽しいです003.gif
こんぴら狗とは、江戸時代に犬に代参させる風習があったとか
a0275676_210201.jpga0275676_2163739.jpg










御朱印もいただきました。
a0275676_2173093.jpga0275676_218235.jpg
御朱印帳は、今回初めて市販のものを買い求めました。
参道26段目にある「YOHAKU26」というお店の「宝船」のデザインがとても気に入ったので・・
まさに「こんぴら船々 追風(おいて)に帆かけて シュラシュシュシュ・・・060.gif」の歌のイメージ






最初から奥の院は諦めていましたから、帰りは資生堂パーラー神椿でお茶したり、円山応挙の虎の襖絵がある書院に立ち寄ったり、足元注意でのんびり下ってきました。

今回の旅のメンバーは、高校時代の友人の他に、友人の元同僚と私の従姉妹の四人

友人の元同僚の方がレンタカーを借りてくださり、前日の土曜日、弘法大師誕生寺の善通寺と金倉寺と周りました。
善通寺は、五重塔、東院と西院があり、立派なお寺
a0275676_21850100.jpga0275676_2193740.jpg











境内で目をひいたのが、樹齢1000年を超すご神木が2本、空海の誕生前からあったと思うと、感慨があります。
四国巡礼の方々のお姿もありました。

そばの金倉寺 
南国的な開放的なお寺です。
a0275676_21102638.jpga0275676_2111090.jpg
by greenkatastumuri | 2014-04-20 21:14 | 御朱印 | Trackback | Comments(0)
先週の土日と、四国の「こんぴら歌舞伎」に行ってきました。
a0275676_23422819.jpga0275676_23433199.jpg












金刀比羅神社の参道の下の方に現存する江戸時代から残る金丸座で上演される歌舞伎
今年は、市川染五郎さんが座長で、中村壱太郎さん、中村種乃助さんなど若手中心の役者さんたち
友人ご贔屓の尾上松也さんが出演、「還暦記念に行こう!」と盛り上がって、ちょっと贅沢な旅001.gif


土曜日に第二部「女殺油地獄」
a0275676_845431.jpg

片岡仁左衛門さんの当り役の与平衛を染五郎さん
若い放蕩息子の役が似合ってます。
歌舞伎座の舞台と比べると金丸座は狭いためか、殺しの転ぶ場面に笑いが起きた点がちょっと残念でしたが、江戸時代なら当たり前だったのかもしれません。

私たちは、2階後舟席でしたが、前の席の方たちはビニールで油(水+片栗粉系? 成分は企業秘密とか006.gif)がかかるのを、避けてました。

今回は、珍しく殺しの後のお縄になる場面まで上演されて、与平衛の放蕩ぶりをなげく親の姿がはっきり演じられていた点が、印象的でした。
この少し前の場面で楽しかったのが、染五郎さんが客席の枡席の所を通る時に、お客さんと掛け合い
「男性客とどちらが男前か」と問いかけて、お客さんたちも大喜び003.gif
狭い小屋だからこそですね。

日曜日が第一部「菅原伝授手習鑑」
a0275676_852874.jpg

いつもは、別々に上演される「賀茂堤」「車引」「寺子屋」を通しで
a0275676_23555980.jpgこの時は、1階「い」の枡席 舞台から2列目、手の届きそうな所で歌舞伎を観る事ができて感激!!
松王丸に染五郎さん、梅王丸に中村歌昇さん、桜丸に尾上松也さん
桜と梅の衣装の違いもはっきりと
松也さん、二枚目、私が今贔屓の中村米吉さん、可愛いし053.gif
もちろん、染五郎さんの演技も素晴らしかったです038.gif
寺子屋は、子どもが哀れでちょっと苦手な演目ですが、人間関係がよく分かりました。
今さらですが・・・

今回、若いメンバーの役者さん中心の座組み
若い才能キラキラで、とても楽しかったです058.gif




それと、同時に大興奮した事が、金丸座です!
江戸時代のまるで浮世絵の世界に入った気分になりました。
幕間には、まさにザ幕の内弁当も食べましたし。
a0275676_23564775.jpga0275676_23573239.jpg















まさに、幕間にお茶子さんが動きまわる「芝居小屋」
天井にはぶどう棚、大きな場吊提灯がたくさん下がり、花道の上にはかけつりと、夢のような感じでした。
貴重なチケットを手配してくれた友人に感謝です!!
by greenkatastumuri | 2014-04-19 00:05 | 歌舞伎 | Trackback | Comments(0)
4月1日から、消費税がアップ008.gif
これからの超高齢化社会の到来を考えると、いたしかたないとは思いますが、消費税を福祉に正しく使う事が、政治家、行政の責務ですね。

働いている会社の始業時間が、4月1日から15分早くなりました。
8時45分から8時30分へ
まるで、学校の時間ですよね。

経営者側には、当然のことながら理由があるのですが、私たちは??
再雇用の契約社員の私は、どちらかを選ぶように選択権があったようですが、以前と仕事内容が全く変わっていないのですから、同僚たちと同じ時間から働かないとやはり不便です。
それに、帰宅が5時45分から5時30分に繰り上がった事は、魅力的ですもの006.gif

しかし、1日から6時30分に退社は無理、期末期初の一番忙しい時期ですから、むしろ残業続きとなりました。

たかが15分ですが、されど15分
朝の15分は大きいです022.gif

お弁当を作る時間の余裕がなくなりましたし、行きの電車の我が家寄りのJR改札口は7時からしか開いていない為、微妙です。
正規の改札口からとなると、3分は余計にかかるし
早寝をすればよいのでしょうが、それが出来れば苦労はしない・・・

せいぜい6時半退社を目指して働かなくてはと、年度初めの私の決意です。
by greenkatastumuri | 2014-04-06 22:35 | 日常 | Trackback | Comments(0)

初めての「おひとりさま」を楽しむ日々


by のんきなかたつむり