カテゴリ:映画( 5 )

「母と暮らせば」

映画「母と暮らせば」を、金曜日の夜に寄り道して観てきました。
シニア料金、年齢を重ねてよかったな006.gif
(と言っても、体力もそれなりになくなってきているため、シニア料金の恩恵はあまり使っていませんけど)

映画「母と暮らせば」は、山田監督の反戦の思いがストレートに伝わってきました。
戦後70年、戦争体験者が亡くなっていく今こそと危機感を持って、製作されたように思います。
悲惨な原爆の場面はほとんどなく、哀しいけれども、ユーモアもあり、心に残る映画でした053.gif

敗戦から3年後の長崎が舞台で、吉永小百合さん演じる母伸子の元に、二宮和也君が演じる長崎の原爆で一瞬で亡くなった息子の浩二が、亡霊として戻ってくる物語
亡霊と言っても、浩二は生前のままよく笑う快活な性格のまま003.gif
ただ、恋人の町子の事を考えると悲しくなり、姿が母の前から消えてしまいます。

母は、亡霊の息子との会話が楽しく、その出現を待ちわびます。
それは、当たり前ですよね。
二人は生前の楽しかった思い出を語り、そして恋人の町子の行く末を心配します。
親子の会話が面白し、ほのぼの
この点が山田監督の初ファンタジーなのでしょうか001.gif

町子を演じる黒木華さん、昭和の感じの役柄が似合って素敵な女優さん
その町子の教え子の小学生が、出征した父の安否確認を復員局に訪ねる場面が印象に残りました。
闇屋の「上海のおじさん」も加藤健一さんが演じていて、さすがです。
母に思いを寄せているとおじさんが告白する場面の、はたきを持った浩二が可愛い012.gif
また、浩二が高校時代の寮歌を歌う場面は、浩二が私の父と同時代の人だと感じました。

長崎は数回旅ででかけたことがあり、大好きな街です。
伸子の家の台所の窓や教会の素朴な色ガラスのステンドグラスで、とても綺麗!

山田監督の「寅さん」も数作しか観ていませんし、吉永さんの作品はほとんど・・・
もちろん、嵐の二宮君が出演が映画館に足を運んだ大きな理由ですが、この作品が井上ひさしさんの遺志をついだという点に、とても興味がありました。
井上さんは、小さい頃「ひょっこりひょうたん島」に夢中でしたし、若い頃は舞台も観に行っていました。
井上さんの「父と暮らせば」は映画で観ました061.gif

長崎の舞台にもう1本、作品を書きたいという話から、今度の映画が生まれたとのことです。
映画の最後に「井上ひさしさんに感謝をささげる」と言葉が映しだされました。

「父と暮らせば」は、広島の原爆で亡くなった父が娘のもとに現れる話です。
生き残った事が辛いという娘を、父が励ましますが、今回の「母と暮らせば」は残されたのが母の方です。
この点が、切なさをより感じさせますが、映画の終わり方が親子としては幸せですが、希望があるのかどうか、少し疑問を感じました。

この話は67年前の日本の長崎の話です。
ただ、今現在、世界では戦争が無くなる事はなく、映画の母の伸子と同じに、子どもを戦争で奪われた母親が世界中に多く多くいる事を、忘れてはいけないと、強く思いました。
そして、吉永さんの言葉の通りに、日本はずっと「戦後○○年」という言葉を使う国であって欲しいと、切に願います。
若い人に観て欲しいですが、金曜日夜の丸の内ピカデリーはガラガラ、「スターウォーズ」の新作の封切日だからだったからかな・・・008.gif
[PR]
by greenkatastumuri | 2015-12-20 13:50 | 映画 | Trackback | Comments(2)

映画「マレフィセント」

この週末は、九州・四国は豪雨、北・東日本は酷暑、それぞれ記録的なようです。
被害がひどくありませんように!

先日、映画「マレフィセント」を観て来ました。
映画はシニア割引、バンザイです001.gif
今回は3Dで観たので、1,100円+400円で1,500円

ディズニー作品で、アニメにもなっている「眠れる森の美女」の悪役の妖精版
邪悪な妖精マレフィセントを演じるのは、アンジェリーナ・ジョリー

私の記憶に残る最初の映画館で観た映画は「眠れる森の美女」
母と一緒に観て「なんて綺麗」と幼心に残ってます056.gif
そのお話を、魔女側から描く話と知り、映画館で観ようとワクワク
とても、楽しく綺麗な映画でした003.gif
原作は、ヨーロッパの民話、ぺローやグリムの童話集

アニメを観た時に、オーロラ姫の誕生パーティに招かれた事ぐらいで姫にのろいをかけた事が、ちょっと不思議でした。
その点を、マレフィセントの幼少時代から描き、人間であるオーロラ姫の父の裏切りで納得

この子ども時代は、実写ですがCGの力で妖精の舞う世界が素敵
3Dで観て大正解でした!

アンジェリーナ・ジョリーは、その美しさにより一層の凄みがあり、強大な力のある支配者でありながら、可愛らしい面もたくさんある妖精、魔女がピッタリでした038.gif

アニメでは、オーロラ姫を育てる三人妖精が皆ふっくらとしたイメージしかなかったのですが、この実写版では、なかなか三人とも個性的で面白かったです。
そのうちの一人が「ハリーポッター」のアンブリッジ先生役のイメルダ・スタウントン
大好きな「マンマ・ミーア」にも出演、楽しそう001.gif
ただ、アニメで妖精たちが、オーロラ姫のドレスを魔法でピンクとブルーに変える場面がなかった事が、ちょっと残念かな・・・

面白かったのは、このマレフィセントと人間との戦いの場面は、ほとんど「ロード オブ ザ リング」と同じ017.gif
そして、マレフィセントの忠実なしもべの烏、最後にはドラゴンにまで変身させられて大活躍
オーロラ姫も、綺麗というより可愛いという配役、幼少期はアンジェリーナの実のお嬢さん、本当に愛らしかったです。

ディズニー映画ですから、当然ながら最後はハッピーエンド053.gif
アンデルセン原作の「人魚姫」がディズニー映画でハッピーエンドになった時には、ちょっと不可解でしたが、今回の「マレフィセント」が楽しめたのは、彼女の哀しみが伝わってきたからだと思います。

久しぶりのディズニー映画、ディズニーランドにも行きたくなりましたし、スマホのゲームのツムツムにマレフィセントが欲しいとも、思います006.gif
[PR]
by greenkatastumuri | 2014-08-03 21:00 | 映画 | Trackback | Comments(2)
映画「偉大なる、しゅららぼん」を観て来ました。

万城目ワールドファンとしては、期待半分、恐れ半分でしたが、映画化はよかったです038.gif
嵐君の「VS嵐」に対戦相手として出演した時から感じていた、主役の日出家の若殿淡十郎とそのお伴涼介の二人が、ピッタリでした。
濱田岳さんと、ビビりの岡田将生さんの主従のやりとりが、おかしくて003.gif
特に、深田恭子さんの「グレート清子」は、原作より美人過ぎですが、迫力があり、はまり役!

万城目ワールドですから、ユーモラスで摩訶不思議な世界全開
不思議な力を持つ琵琶湖畔の二つの家、日出家と棗家。
この二つの家の不毛な戦い、それとともに高校生活も同時に描かれていきます。
赤い制服の二人の滑稽さに大笑い041.gif

全編が、国宝の彦根城、竹生島などオールロケ
琵琶湖周辺は、今まで比叡山・彦根城・三井寺・長浜・余呉湖などには行ってますが、今回映画を観て、竹生島へぜひ行きたいと思いました。
また、行きたい所が増えました006.gif

映像には直接出て来ませんが、琵琶湖の神のお使いは龍です。
この前に観た映画「ホビット2」では、ドラゴン龍は、邪悪な存在、東洋と西洋の龍への考え方の違いが、とても印象に残りました。

題名の「しゅららぼん」の意味、小説では最後の方に明かされるのですが、映画ではないのかしら?と思ったら、タイトルコールの後でした。
最後まで、観ないとダメです!

あと、パンフレットはおすすめ
万城目さんのエッセイが載ってます。

60歳になった為、シニア割引があり何曜日でも1,000円058.gif
これから、映画三昧かな

まず、原作も映画も大好きな『メリーポピンズ』の舞台裏を描いた「ウォルト・ディズニーの約束」に行きたいな!
[PR]
by greenkatastumuri | 2014-03-23 21:10 | 映画 | Trackback | Comments(0)
今日から、センター試験
a0275676_2154126.jpg
昨夜の東京タワー、実際はもっとピンク色
受験生へのエール「サクラ咲け」とか、綺麗でした。
受験生の皆様、頑張ってくださいね!!


この東京タワーを眺めてから、昨夜大急ぎで渋谷の映画館へ(有楽町は定時退社出来ず断念)
「ホビット 思いがけぬ冒険」を観てきました061.gif

数年前の「指輪物語シリーズ3部作」ファンとしては、絶対に観たいと思って前売り券を購入していたので、必死です?!
昨日までで、夜の上映が終わりそうなので無理やり

映画が始まると、映画「指輪物語」の世界、おだやかで美しいホビット村の丸いドアの袋小路屋敷の画面から始まり、嬉しい限り003.gif

「指輪物語」の60年前、フロドの伯父ビルボの冒険、簡単に言えば「指輪をビルボが持ち帰る冒険」ですが、3部作なので途中で終り、「続く」

原作『ホビットの冒険』は、『指輪物語』とは違い、子ども向けで短い物語なので、今回も三部作ときいて、ちょっと疑問に023.gif

それに、決してこの映画は子ども向けではないし・・・
ピータージャクソン監督が好きな?、オークや狼のようなワーグ、ゴブリンなどの戦いの場面がいっぱいで
ちょっと、途中でもういいですと、私はなりました015.gif

でも、魔法使いのガンダルフとサルマン、エルフの女王のガラドリエルとエンドルド卿、ゴラムなど、「指輪」と同じ役者さんが演じているから懐かしい038.gif
60年前にしては、生身の俳優さんですから、決して若返ってはいませんでしたが・・
(寿命がない不老な方たちですから、いいのでしょうけれども)

ホビット村だけでなく、エルフの裂け谷が大きな画面で観る事が出来た事は、感激053.gif

それに、今回のシリーズの主役は小人のドワーフ族
「指輪」のギムリの父を始め、13人のドワーフたちとガンダルフ、ビルボが旅の仲間
ドワーフ族は、原作者のトールキンが大好きだったときいた事がありますが、陽気で大食漢で大酒のみで頑固、笑える場面もたくさん003.gif
ドワーフの棟梁である、トーリンは真の勇者でかっこいい役者さんが演じてます。

うろ覚えですが、多分原作には登場しなかったはずの茶色の魔法使いラダガスタが大活躍
動物つかいの魔法使いで、なかなか楽しいキャラクターでした。

次作は、ドラゴン退治
今回は2Dで観たけれども、火を噴くでしょうから3Dがいいかしら?

最初にフロドがちょっとだけ登場したけれども、アラゴルンやレゴラスにも次作は登場して欲しいなと思います!
私の宝物の一つ、映画「指輪物語」のDVDが観たくなったけれども、時間がないのが残念008.gif
[PR]
by greenkatastumuri | 2013-01-19 22:01 | 映画 | Trackback | Comments(0)
今日は7月1日、映画の日で映画1000円

それに気がついたのが昨夜、そこで今日は久しぶりに一人映画061.gif

吉祥寺の小さな映画館でウッデイアレン監督の「ミッドナイト・イン・パリ」を観て来ました。
パリを舞台にしたアメリカ人の過去へのタイムスリップのお話

お洒落な映画で、時々クスクス笑いがおきてました001.gif

1920年代では、主人公はヘミングウェイ、ダリ、ピカソ、フッツジェラルド夫婦に遭遇
そして絶世の美女、モジリアーナ・ピカソ・ヘミングウェイを夢中にさせるアドリアナが登場、映画のヒロインで魅力的な女性
実在の人物なのかは、私には分かりませんが・・・

ヘミングウェイが渋くて素敵006.gif
確かに、ご本人も写真でみるとハンサム
自作の話をする場面で、戦争の話をしているから多分『日はまた昇る』か『武器よさらば』、私も読みましたと心の中でささやいたりして・・・

そして、さらに1890年へ
そこで、ロートレック、ドガ、ゴーギャンが登場
舞台はモンマルトルのムーランルージュですもの053.gif

ロートレック、ドガ、ダリとピカソは、かなりそっくりに俳優さんが頑張ってました。

久しぶりに大人の映画を観たという感じで面白かったし、価値ある1000円でした!!
パリの美しい風景もたっぷり楽しめましたし017.gif

結末も、主人公が現代で新しいスタートを切る余韻があり、気持ちがほっこりです。
ただ、さすがにウッディアレン監督ですから、ちょっぴり皮肉がこめられてますけれども・・

この映画は、旅行と油絵が趣味の友人のおすすめですから、彼女に感謝です!
[PR]
by greenkatastumuri | 2012-07-01 17:35 | 映画 | Trackback | Comments(0)

初めての「おひとりさま」を楽しむ日々


by のんきなかたつむり