人気ブログランキング |

立体曼陀羅の世界 東寺展に行って来ました!

この週末の東京は、真夏のような気温!
北海道の佐呂間町では気温39度台と酷暑
オホーツク海沿いの町、寒さ厳しき所ですから、本当に異常な高温です。

来年の東京オリンピックは真夏開催
無事に終わることを祈るばかりです。
と言いながら、オリンピックのチケットの申込済み
当たるかしら?

先週、国立博物館で開催中の「東寺展」に行って来ました。
a0275676_20345722.jpg

空海が、密教の経典をあらわした曼陀羅の世界を仏像で立体的に表現
その東寺の講堂の21体の仏像のうち15体が出品されて、圧巻でした。
講堂の数倍はある空間ですから、日ごろは見ることができない後姿も含め全体的に、間近でみることが出来ました。
ただ、博物館という広い空間にあると、手をあわせるというより、鑑賞する気持ちに・・・
a0275676_21210420.jpg
「帝釈天騎像」、美男です!(この仏像のみ、撮影可)

今回、東寺の数多くの曼陀羅が出品されています。
先日NHKのテレビの「京都の大宇宙 東寺」で紹介されていた儀式「後七日御修法」の堂内の様子が、大きな2幅の曼陀羅とともに再現されていたことが、興味深かったです。
今でも朱色の鮮やかさが残り、描かれた当時の平安時代は眩いほどだったのでしょう。

今まで仏像に比べてなじみのなかった曼陀羅
ちょっとだけ理解できたように思えたのは、京都在住の従姉が熱心に解説してくれたおかげです。
1年ぶりに従姉と会って、いろいろと話もできて気分転換になりました。

トラックバックURL : https://greenkatat.exblog.jp/tb/239283919
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード
by greenkatastumuri | 2019-05-26 21:28 | 美術展 | Trackback | Comments(0)

初めての「おひとりさま」を楽しむ日々


by のんきなかたつむり