鳩山会館 小川三知のステンドグラス

先日、文京区の鳩山会館に出かけました。
戦後総理大臣を務めた鳩山一郎の私邸を、記念館として公開してます。
関東大地震の直後に建てられたコンクリート造りの洋館
a0275676_17082202.jpg
目的は、大正時代に活躍したステンドグラス作家の小川三知(さんち)の作品
昔ステンドグラスを習っていた頃に、『週刊朝日』に日本のステンドグラスの連載があり、印象に残っていました。
小川三知は大正時代に活躍したステンドグラス作家のパイオニア
日本画を習った後に、アメリカでステンドグラスを学んた人です。
ステンドグラスは教会の伝統がある直線的なヨーロッパ系と、アールヌーボーの装飾性の高いティファニー工房のアメリカ系があると習い、ティファニーと驚いた記憶があります。
小川三知は花鳥風月の日本的なデザインが素敵177.png

名前にちなんだ「鳩」のステンドグラス
オパールガラスを使った鳩の羽の色が鮮やか!
a0275676_17084517.jpg

一番の傑作は踊り場にあります。
塔は法隆寺の五重塔
a0275676_17092692.jpg

小川三知の他の作品を見て歩こうと、思います。
個人の家、所蔵で非公開が多いので、なかなか難しいでしょうけれども・・・・











歌舞伎座ギャラリー「国性爺合戦」
a0275676_17210062.jpg
慶応大学の図書館の作品は、昔一度見た記憶がありますが、復元だとか
これからの楽しみが一つできました102.png

タグ「綺麗」を作ってみました。

[PR]
トラックバックURL : https://greenkatat.exblog.jp/tb/238606021
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード
by greenkatastumuri | 2018-06-17 17:26 | お出かけ | Trackback | Comments(0)

初めての「おひとりさま」を楽しむ日々


by のんきなかたつむり