京都特別公開の番外編 広隆寺・車折神社・木島神社

京都観光のリクエストを尋ねてくれた従姉に「広隆寺の弥勒菩薩様にお会いしたい」と答えた私
昔から、大好きな仏像のNO1!!
順不同で、他には、興福寺の阿修羅像、法隆寺の百済観音像、秋篠寺の伎芸天像が好きですから、典型ミーハーですね006.gif

a0275676_19145814.jpg渡来人の秦氏の氏寺、京都最古の寺
嵐山電車から降りて、まずに本堂にお参りすると、奉納された額が土木関係なのに気が付きました。
一つ一つ見ていると、面白い001.gif




そして、新霊宝殿へ
学生時代に、古い建物の暗闇の中の弥勒菩薩様に感動した記憶が鮮明にあり、その後新しい建物の中で参拝し、なんとなく違和感を感じた事を思い出しました。

今回は、両脇に脇仏様を従え、記憶が正しければ前回とは違い、お堂の主といった感じでした。
お参りした後に、ゆっくりと拝見させていただきましたが、右側から見たお姿が綺麗
半跏思惟像とも言われていますが、瞑想に入っているお顔・指と体の傾きも含めて姿全体が、やはり素敵としかいいようがありません053.gif
このお堂の中は、木造不空羂索観音立像や木造十二神将立像など仏像の宝庫でした。
a0275676_19125052.jpga0275676_19131772.jpg














広隆寺で本当は待ち合わせだったのですが、予定より早く到着しそうだったため、従姉にわがままを言って、ガイドブックに「金運招来の神様を祀る」とある車折神社へ
a0275676_1916111.jpga0275676_1917678.jpg











平安時代後期の儒学者清原頼業公を祀り、金運・良縁・学問の神様
境内には、清原一族の清少納言を祀った社や芸能人の名前がならぶ芸能神社など
熱心にお参りさせていただきました012.gif
梅の花が満開でした!
a0275676_19184816.jpga0275676_19191077.jpg













a0275676_19273261.jpgそのあと、従姉おすすめで嵐電の「蚕の社」で下車
正式には、木嶋坐天照御魂神社(このしまにますあまてるみたまじんじゃ)に参拝

三柱鳥居が有名だそうです。
こちらも、やはり秦氏の神社であり、養蚕・織物の技術も伝えたから一般には「蚕の社」
西陣の仲間(組合)の江戸時代の石碑が残っていて、織物の神様としても大事にされてきた様子がうかがえます。
本殿の隣の「元糺の池」(もとただすのいけ)という池の中に三柱鳥居がありますが、現在は周囲の宅地開発により泉が枯れてしまっているそうで、残念008.gif
お参りの方を数名お見かけしましたが、社務所は無人のようでした。
a0275676_19203395.jpga0275676_19205899.jpg














従姉に、いろいろと解説してもらって、今回も贅沢な参拝・観光が出来ました003.gif
感謝!!
[PR]
トラックバックURL : https://greenkatat.exblog.jp/tb/21031807
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード
by greenkatastumuri | 2015-03-22 19:42 | 御朱印 | Trackback | Comments(0)

初めての「おひとりさま」を楽しむ日々


by のんきなかたつむり