人気ブログランキング |

ワシントンナショナルギャラリー展「私の印象派」

美術館のはしごの二つ目は、三菱一号館美術館の「ワシントンナショナルギャラリー展」
大好きな美術館です012.gif
友人の娘様の関係で、夜の内覧会に便乗させていただきました。
「私の印象派」のサブタイトル
a0275676_23554873.jpg

ルノアールをはじめとした、優しい絵画が並びます。
エイルサ・メルサという女性のコレクション、自宅を飾った絵画だそうです。
同じ美術館で見たルノワールの「玉ねぎ」の色の彩に驚いた事を思いだしました。

六本木の「ルーブル美術館展」と合わせて見ると、その違いが明らかです。
光の明るさにあふれています!
もちろん、フェルメールの緻密さはないのですが、「喜び」が伝わってくる感じ056.gif

a0275676_23551867.jpg驚いたのは、ゴッホの「オランダの花壇」
コレクターの趣味でしょうけれども、ゴッホのイメージとは違います。








a0275676_23544670.jpg全盛期のルノワールは、やはり美しい
ドガの馬の絵は小さいですが、躍動感があります。

「オルセー美術館」、行ってみたいな!!






内覧会が夜からでしたから、その前にお茶
併設されているCafe1894
明治時代の銀行の内部がカフェになっていて、出納台の面影があり、天井も高くて、洋館好きには、たまらない空間でした003.gif
a0275676_23542317.jpg

トラックバックURL : https://greenkatat.exblog.jp/tb/20965771
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from dezire_photo.. at 2015-05-03 12:11
タイトル : 本物を見て初めて理解できる印象派・ポスト印象派の傑作群
ワシントン・ナショナル・ギャラリー National Gallery of Art, Washington  1999年以来12年ぶりにワシントン・ナショナル・ギャラリーから印象派・ポスト印象派の傑作が来日し、六本木の国立新美樹館で鑑賞することができました。震災から5か月が過ぎ、金曜日の夜間展示もさいかいされましたので、静かに名画を味わえるようになりました。展示されていた主な作品について展示に沿って感んじたことを書いてみました。  コロー「うなぎをとる人々」  この美術展で最初に私た...... more
Tracked from dezire_photo.. at 2015-05-03 12:13
タイトル : 日本初公開のルノワール絵画とその魅力
奇跡のクラーク・コレクション Clark Collection ; Charm of Renoir painting 米国マサチューセッツ州ウィリアムズタウンのクラーク美術館は、ニューヨーク・ボストン近郊の広大な森の中にあります。このたび美術館の増改築工事に伴い、印象派を中心とした絵画の世界巡回展が開かれ、日本でも三菱一号館美術館でルノワールを中心とした名作絵画73点を見る機会が得られました。  クラークコレクションの特色は、クラーク夫妻の好みで、自らの目で収集し、彼ら独自の美学に沿...... more
Tracked from dezire_photo.. at 2015-05-03 12:14
タイトル : 日本初公開のルノワール絵画とその魅力
奇跡のクラーク・コレクション Clark Collection ; Charm of Renoir painting 米国マサチューセッツ州ウィリアムズタウンのクラーク美術館は、ニューヨーク・ボストン近郊の広大な森の中にあります。このたび美術館の増改築工事に伴い、印象派を中心とした絵画の世界巡回展が開かれ、日本でも三菱一号館美術館でルノワールを中心とした名作絵画73点を見る機会が得られました。  クラークコレクションの特色は、クラーク夫妻の好みで、自らの目で収集し、彼ら独自の美学に沿...... more
名前
URL
削除用パスワード
by greenkatastumuri | 2015-03-05 23:56 | 美術展 | Trackback(3) | Comments(0)

初めての「おひとりさま」を楽しむ日々


by のんきなかたつむり