スマホの電池、簡単な復活方法

スマホを使い始めて1年弱、なかなか快適でした。
もっとも、line、メール、電話、カメラ、たまにネットでの調べものなど、使用している機能はわずかですが・・・

と思っていたら突然、電池の持ちが悪くなりました025.gif
最初は、アプリの終了を忘れたのかなと、思いました。
自分で考えた自衛策は、画面の明るさと自宅を出たらWi-Fiを切断
(もともとGPSは、地図を使う時のみ使用)

それなのに、寝る前に100%に充電した電池が、朝起きた時に70%ほどに減っていてビックリ005.gif
あわてて帰宅時に、駅前のauショップに寄りました。

スマホの症状を話したところ、使用年数をきかれました。
1年ぐらいで、このような症状が出る事が多いとのこと。
理由は、スマホの熱が放電されない事が多いそうです。

確かに、このところスマホのゲームのツムツムに熱中006.gif
ゲームの後、スマホの熱さを感じます。

「電池の取替には、3000円ほどかかりますが、簡単に治る可能性のある方法がありますから、それを試してみましょう」と、ありがたい言葉
電源を必ず切ってから、カバーを外し、スマホ本体のふたを開けて、1・2分電池を外すという方法

担当の係の方にこの方法をしていただいたら、本当に次の日から電池の持ちが戻りました038.gif

データを守る為には、電源を必ず切ることが、必須とのこと。
電池を外すまでしなくても、時々電源を落とすだけでも、よいそうです。

パソコンと違い、スマホは24時間電源が入っているのですから、時々は休養が必要なのでしょうね。
機械にも休養が必要、納得です003.gif
テレビの画面がピンクになった時も、コンセントを外したら、回復しその後順調です。

スマホのカバーを外すことも出来ないオバサンに、丁寧に教えてくださったauショップの窓口の方に感謝!!!
[PR]
トラックバックURL : https://greenkatat.exblog.jp/tb/20344885
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード
by greenkatastumuri | 2014-11-02 21:19 | 日常 | Trackback | Comments(0)

初めての「おひとりさま」を楽しむ日々


by のんきなかたつむり