弁天小僧菊乃助 二月花形歌舞伎夜の部

オリンピック、個人の銀メダル、団体の銅メダルの葛西選手、41歳のメダリスト、素晴らしいですね!!
スキージャンプと言えば、札幌オリンピックのメダル独占、長野オリンピックの団体金メダルが印象に残ってる世代ですが・・・

日曜日に、歌舞伎座の「二月花形歌舞伎」夜の部の「通し狂言 青砥稿花紅彩画(あおとぞうしはなのにしきえ)」を観て来ました。

最近注目の役者さん尾上菊之助さんのお家芸、弁天小僧菊之助がお目当て053.gif

a0275676_22362589.jpg綺麗なお嬢様の正体がばれて、男にもどった時の「知らざア言って聞かせやしょう…」の名台詞が有名です。
この場面の呉服屋「浜松屋」と、盗賊の白浪五人男が勢揃いする「稲瀬川土手」の七五調の名台詞まわしの場面は、有名ですし、今まで何回か観て大好き









今回初めて通しを観劇
河竹黙阿弥作ですが、江戸時代らしくお家騒動がからんでたり、盗賊五人の関係性が分かったりと、新発見があって、楽しい観劇となりました。
菊之助さんは、さすがに自らの家の伝承した芸であり、見応えがたっぷり038.gif
小気味のいい名台詞の場面もですが、最後の大詰めの大屋根の上の立ち回りも見事でした。
a0275676_22423347.jpga0275676_2243048.jpg

















「弁天小僧菊之助」は、今までは呉服屋で「ゆすりたかりを働く、ちょい悪」だと思っていたので、最初からお姫様をだますかなりの悪党である事がわかり、ちょっとビックリです005.gif
もっと驚いたのが、浜松屋親子と盗賊の親分の日本駄右衛門と菊之助の本人たちもビックリという意外な関係の発覚で、これぞ歌舞伎の世界と思いました。

白浪五人男は、親分の市川染五郎さん、菊之助の相棒の南力丸に尾上松緑さん、赤星十三郎に中村七之助さん、忠信利平に板東亀三郎さんで五人、かっこ良いです
松緑さんの足の長さが目立ちました。
「日本舞踊を踊るにはどうなのかしら」というのが、ミーハーの私たちの疑問006.gif
七之助さんは華があるのですが、あまりこの演目では目立たなかったですね。
染五郎さんは、叔父様の吉右衛門さんに立ち姿が似てきたね・・などなど

席が三階席ですから、最後の場面の屋根と山門の仕掛けのところで見得を切る役者さんの頭が切れたのは残念でしたが、いたしかたありませんね。

昔から、楽しく綺麗な歌舞伎が好きな私には、ピッタリ003.gif
「花形」と銘打つだけのことはあると、満足です。
[PR]
トラックバックURL : https://greenkatat.exblog.jp/tb/19484534
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード
by greenkatastumuri | 2014-02-19 22:48 | 歌舞伎 | Trackback | Comments(0)

初めての「おひとりさま」を楽しむ日々


by のんきなかたつむり