『ひとりの午後に』 元気をもらいました!

今朝は、激しい雨音で目が覚めました。
明日、台風が東海・関東地方上陸との予報がですが、今日の東京は激しく降っては、薄日もさしての繰り返し
台風の本番でも、被害が少ないといいですね。

一昨日ぐらいから喉が痛くて風邪気味、昨日は土曜日当番で出社して通常の仕事とは勝手の違う電話当番、どうしても気が合わない上司と一日一緒で、正直疲労困憊007.gif

台風も来るし、2日間家にこもろうと、帰りにスーパーと本屋さんへ
新聞広告でみた上野千鶴子さんの最新文庫本の『ひとりの午後に』を購入
一人暮らしを始めた時に『おひとりさまの老後』を読んで、背中をおしてもらった感じがしたので、心身ともにちょっと疲れモードの時にピッタリかしらと・・006.gif

上野さんのイメージは、ご自分でも「向かい風の女」「怒れる社会学者」と書いているし、私も女性学・ジェンダーの論客と認識、朝日新聞の土曜日番「be」の人生相談コラムの回答ぶりが、内容も文章も爽快で闊達な感じで、二月一回ぐらいのペースなので楽しみな方です。

このエッセイは上野さんの可愛い一面も触れる事が出来て、一気に読みました001.gif

生い立ちから、ペットの文鳥の死に三日三晩3日間泣いた事、スピード狂、夕陽のストック、お気に入りの栗鹿の子、井上揚水、浅川マキなど意外なエピソードがたくさん

「老後は金持ちより人持ち」、「今が一番いいとは思わないけど、今の自分が昔の自分よりは少しはましになっていると思う」など、私もそうありたいなと、素直に思います。

この中で、私の好きな佐野洋子さんのエピソードが出てきます。
『役に立たない日々』で、余命2年と癌宣告をされて、その足でジャガーを買って乗りまわした話

彼女の『百万回も生きた猫』の絵本作家のイメージなんて、吹き飛んだ記憶が・・
読書家の友人に、読後の感想を電話で話したら、彼女が3冊送ってきてくれました。
『神も仏もありません』 『がんばりません』『覚えてない』
もう、題名だけで嬉しく、本音炸裂で痛快 003.gif

『ひとりの午後に』の後書きは、詩人の伊藤比呂美さん
やはり、友人から借りて『閉経記』を半年ばかり前に読んだばかりです。

三人とも、私の何千倍のバイタリティーで人生送っている方々ですが、勇気をもらえて、会社の嫌な事も今までの諸々にくらべたら問題なしと、思える気分になりました。

午後3時間も昼寝をしてしまったけれども、風邪気味の人は今日中に寝なくては!
今は雨も小降りですが、明日は台風の風の音で目覚めるのでしょうか?
[PR]
トラックバックURL : https://greenkatat.exblog.jp/tb/18615835
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード
by greenkatastumuri | 2013-09-15 23:18 | | Trackback | Comments(0)

初めての「おひとりさま」を楽しむ日々


by のんきなかたつむり