納涼歌舞伎第三部は楽しい!

イチローが4000安打達成、素晴らしい038.gif
15年程前に西宮市に住んでいた時に、数回神戸のグリーンスタジアムに行って、オリックスを応援
外野席だと、目の前にイチローと田口選手が守備 今思うと豪華でしたね006.gif

今年の私の夏休み、仕事の関係で先の3日間(ソウル旅)と15日から4日間でした。
後半のお楽しみは、歌舞伎座の納涼歌舞伎第三部の観劇
私の趣味をよく分かってくれている友人が誘ってくれました。
a0275676_17524277.jpg
演目の最初は、「狐狸狐狸(こりこり)ばなし」
冬のお化けがでてくる、男女の化かし合いのお話です。

お互いに騙し騙される夫婦 歌舞伎の元女形の夫に扇雀さん・元女郎の妻に七之助さん
これに、愚鈍な使用人に勘九郎さん、妻の浮気相手の生臭坊主に橋之助さんという配役
狐と狸の如くの化かし合いの笑い話を歌舞伎役者さんが真面目に演じて、大笑い041.gif
特に、扇雀さんの女形っぽいしぐさ、お化けになった時の面白さが、印象的









a0275676_1753798.jpg
次が、「棒縛り」という狂言原作の松羽目物
主人の留守に、太郎冠者(勘九郎さん)と次郎冠者(三津五郎さん)が、お酒を飲めないように手を縛られているのに、酒蔵のお酒を飲んで踊るという舞踊劇
主人が用心して太郎冠者は腕を後ろ手に、次郎冠者は木の棒に両手を縛られたのに、二人して盗み酒して、酔っ払って踊ります!
その所作一つ一つがユーモラスで、こちらも大笑い041.gif
二人の身体の柔らかさ、踊りの見事さ、素晴らしかったです038.gif

今回、「棒縛り」は初めてでしたが、同じく狂言を原作した「身替座禅」は何回か観てます。
勘三郎さんの「身替座禅」は、絶品でした。
今回の公演は、二人の息子さんも出演、勘三郎さんなじみの演目が並んでいるようです。
これまたコルセット着用の観劇でしたが、それも忘れて楽しむ事が出来ました。





実は、6月の「助六」の時に、今回一緒にいった友人の伝手で歌舞伎座の舞台裏に行く事が出来ました。

楽屋口を入ると右側に神棚と演者の札の台があります。
助六の登場の時に演奏なさる河東節の方々と一緒に4階の稽古場に入る事が出来ました。
稽古場の入口に海老蔵さんからののれん、中には亡くなった団十郎さんの隈取が飾られていました。
a0275676_17593425.jpg
a0275676_1755190.jpg












出演者の福助さん、七之助さん、海老蔵さんがスっピンでご挨拶に
1、2mの距離ですから、感激です012.gif
その後、4階から降りて1階の舞台の裏まで入れていただきました。
回り舞台の裏も広く、舞台のソデには本舞台と花道の画面モニターが並んでます。
並び傾城が出を舞台裏で待っているのですが、女性がおしゃべりしている様子にみえます。
特に、壱太郎さんが可愛いい053.gif
最後に、ちょっとだけ出を待つ吉右衛門さんの姿も見る事が出来て、友人に感謝感謝です!!
一生に一度あるかないかの機会ですものね。

追記
「棒縛り」で楽しませていただいた三津五郎さん、膵臓の腫瘍で休演
7月に検査と記事にあったので、多分8月中の公演はご自分では分かっていて演じられたのでしょう。
一日も早い、回復を祈ってます!
[PR]
トラックバックURL : https://greenkatat.exblog.jp/tb/18430829
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード
by greenkatastumuri | 2013-08-24 18:01 | 歌舞伎 | Trackback | Comments(0)

初めての「おひとりさま」を楽しむ日々


by のんきなかたつむり