冬ぼたん

木曜日の午後、先月仕事でドタキャンしてしまった上野へ、友人と行ってきました。

本来の目的は円空仏展ですが、その前にまず、韻松亭の前で待ち合わせです。
行く途中目にしたのが野球の練習場の「正岡子規記念球場」の看板、ビックリ005.gif
確か子規はBASEBALLを野球に和訳した人ですものね

昼食は、横山大観がオーナーだった事もあるという韻松亭にて、プチ贅沢
a0275676_234385.jpg

花籠膳(雪)、精進料理とは違うけれども身体に良いものばかりで、美味しい
節分にかけて、ご飯はお豆ご飯、おたふくの器に煮た大豆
日本料理の季節感を、舌と目で堪能003.gif

その後は、東照宮のぼたん苑の冬ぼたんを観賞
a0275676_23441389.jpg
春のぼたんは一度来た事があったけれども、冬は初めてです。
大事に大事に、一苗ごとに藁で囲われて咲いていて、本当に見事!!
昔中国で「花の王」と言われていたぼたんの華やかさは豪華
色も、ピンク、赤、白、珍しい黄色
a0275676_23455580.jpg

a0275676_23465792.jpg
a0275676_2348535.jpg


a0275676_23534078.jpg
もちろん、どれも微妙に色、花弁の形や枚数、大きさが違って飽きない感じ
雑草が一本もない事にも驚きでした。

冬に咲かせる技法はいつからあったのかしら?
藁で囲こわれていない、まわりの他のぼたんの苗はまだ葉もでていない状態だから、冬向きとかあるのかしら?
など、疑問がいっぱい006.gif

東照宮は工事中でしたが、国立博物館のそばの両大師開山堂と寛永寺にお参り

御朱印集めに突然と目覚めた友人のお付き合いでしたが、お寺の方ともお話が出来て貴重な経験でした。
上野公園の美術館・博物館・動物園などにはよく出かけてますが、寛永寺は初めて

上野公園全体の広大な敷地がすべて寛永寺の境内であり、戊辰戦争の時には幕府軍の砦であり、戦場となった事など、今まであまり考えてもみなかった事をあらためて思いました。

徳川家の菩提寺はもう一つ増上寺
仕事場から見えますが、行った事はありません。
東京に、行ったことがない所がたくさんあるんだなと、思います023.gif
今度一緒に行こうと言う事になりましたが、案外身近だとなかなか実現しないかしら・・・
[PR]
トラックバックURL : https://greenkatat.exblog.jp/tb/17290498
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード
by greenkatastumuri | 2013-02-09 23:58 | お出かけ | Trackback | Comments(0)

初めての「おひとりさま」を楽しむ日々


by のんきなかたつむり