今年のお花見

「毎日が日曜日」になって、早いもので1カ月半
3月は、定期券があるから、久しぶりの友人との集い、美術館・ご朱印めぐり、歌舞伎観劇もできて、充実の日々
あとは、父が体調を崩したので、ホームに通う日も多く、自由な身分で良かったと思いました。
しかし、まだ離職票が届かないのはなぜ??
ハローワークにも行くことが出来ないし・・・・

ここ数年は、桜が卒業式の花になっていましたが、今年の東京の桜は桜の時期が長く、入学式の花になりました。

今年こそと、憧れの吉野の桜を見ようと出かけましたが、全国的な桜の開花の遅れで、満開の梅の花を楽しんできました。
a0275676_22354487.jpg

蔵王堂の秘仏、迫力ある青い蔵王権現立像を拝観して、「次は桜」と思いました。

長谷寺では、少しだけ桜の花がチラホラ咲いていました。
a0275676_22371265.jpg



近所の桜も咲き始めたころ、最近東京の桜の名所となっている目黒川でお花見
あいにくの雨でしたが、満開で綺麗!!
a0275676_22375685.jpg

a0275676_223828100.jpg目黒は友人とおすすめのフルーツカフェ「リーベル」で、お腹いっぱいになりましたから、まさに「花より団子」です。















先週は上野動物園へ
まだ桜が残っていて、桜と動物園を楽しさ満喫
a0275676_22391998.jpg

子どもたちが小さい頃以来の上野動物園は、企業?努力があり進化していて、ビックリ!
もちろんパンダは可愛いですが、展示の方法が旭山動物園と同じスタイル
ゴリラ、虎は、広いスペースでゆったりと、大好きな白熊は、ダイビングの姿も!
大人の楽しめる動物園、これから通うことになりそうです。
a0275676_22394319.jpga0275676_2240919.jpg
[PR]

# by greenkatastumuri | 2017-04-16 22:42 | 楽しみ事 | Comments(0)

今日がら「毎日が日曜日」

今日から、しばらく「毎日が日曜日」

3月末で退職、有給休暇消化のため今月はお休み003.gif

来年度は契約しないと決めた5月末から長かった・・・

でも、ここ数日職場の人たちに温かい言葉をいただくと、周りに恵まれていたと感謝感謝!!

a0275676_22124034.jpg

当初の退職の一番の目的は、老父のいる実家に通う事だったはずが、私たち家族の予想よりはるかに認知がすすみ、2月初めに老人ホームに入居

父の事も含めていろいろあった年末から年始、私自身が1月末にはインフルエンザにかかる事態にもなり007.gif

突然、引継ぎの教育期間の途中で1週間近く休んで、後任者に多大な迷惑をかけたのに、彼女からは「今まで一人で頑張ってきたから、私がいてまだよかったですよ」という優しい言葉でウルウルでした053.gif

最後まで残業というバタバタ感あふれる、昨日の最後の出社日

今朝、スマホの目覚まし昨日を止めて朝寝坊と思っていたのに、今まで時間に起きるとは・・・・005.gif

14年間の習慣はなかなかとれないのかな?!

しばらくのんびりしたら、今度は近くで働き場所を見つけたいと考えています。

悠々自適な経済状況ではないし、ずっと家にいる生活は無理だと自覚ありですから

今まで「忙しい」を理由にしてこなかった事をしなくては!

食事をきちんと自分で作る

家の中をきちんと片付ける

簡単でも家計簿をつける

当たり前の事なのですがね006.gif

そして、これまでの仕事は連休を取得できなかったから、旅に出たい!!
このブログも細々でも続けていきたいな。
しばらくぶりだと、どうも文字の大きさが一定しないような002.gif

明日は、父の老人ホームに行ってきます。


[PR]

# by greenkatastumuri | 2017-03-01 22:43 | 日常 | Comments(4)

来春、リセットです!

木曜日には、11月なのに雪が降りビックリでした005.gif

来年の春に今の会社を退職、人生何回目かのリセット!!

退職を決めたのが5月、上司に話したのが6月、やっと後任者が先週末に決まり、ホッとできました。
退職の理由は、父の衰えと私自身の体力不足
弟夫婦と二世帯住宅に父は住んでいますから、私は隔週で通うだけですが、やはり往復約3時間のフルタイム勤務だと、辛く感じてしまい、「元気なうちに今の会社を退職したい」と、決めた次第です。
再雇用者ですから、単純に来年度の契約をしないだけなのですが、案外ハラハラでした009.gif
遊んで暮らせる身分ではないし、働くことは好きなので、これから収入が減っても少し余裕のある働き方をしたいと、甘い考えを持っていますが・・・
「どうにかなるさ」と信じて006.gif

来月から3か月間が、教育を兼ねた引継ぎ期間
年齢は若いけれども、社歴は長い後任者に、全く違う親会社のシステムの仕事を教えられるのかは、不安ですが、頑張らねば!!

そんな中、昨日はゆずの「ゆずのみ」コンサートに、子どもたちと行って楽しんできました。
ゆずの歌は、明るく前向きで好きです060.gif
娘とは、よく出かけていますが、コンサートに息子と一緒は本当に10年以上ぶり?!

前のリセットボタンを押した時が、息子は高校2年生
当時、息子が「ギターを習いたい」と突然言い出して、ゆずさんの『夏色』歌を演奏して活き活きとしている姿をみて安心したことを思い出しながら、彼らの歌声を聴いていました。
その時息子はタンバリン担当で、現在ギターは部屋のオブジェ化しているみたいだけど。

今回のコンサートは20周年記念、懐かしい歌から始まり楽しい話もあって053.gif
驚いたことが、コンサート中もプロ仕様のカメラ・動画の他は撮影OK!
セットも秋田県矢代市で復活した高さ24mの「天空の不夜城」の豪華なもの
a0275676_18544786.jpg


とても良いタイミングで行くことが出来て、楽しい時間を過ごすことができました003.gif
[PR]

# by greenkatastumuri | 2016-11-27 19:01 | 日常 | Comments(2)

鈴木基一展など 三つの展覧会をはしご!

今日は体育の日
52年前に東京オリンピックの開会式が行われた日
当時小学校5年生だった私は、記憶が強烈に残っています。
オリンピックだけでなく、実家そばの貨物線が新幹線に変わったなど、小学生の間の東京の変化に、子どもながらも驚きました。
あの頃は変化を嬉しく思っていましたね。
これから4年後のオリンピックに向かい、東京が日本が、少しでもよい方向に行って欲しいと思います!!

9月の下旬に、ヘルスチェックの後に平日休みを取りました。
たっぷり時間がありましたから、3つの展覧会をはしご001.gif

まず、六本木のサントリー美術館の「鈴木基一 江戸琳派の旗手」
a0275676_22493143.jpg

鈴木基一は、江戸時代後期に江戸で琳派再興をはたした酒井抱一の弟子
今までの琳派の美術展でも、有名な「風神雷神図」の俵屋宗達、尾形光琳、酒井抱一、鈴木基一と、流れの上で取り上げられることが多く、基一の単独の美術展は珍しいと思い出かけました。
酒井抱一のファンとして、師弟共作の作品があったのも嬉しい012.gif
やはり、有名な「朝顔図屏風」は圧倒的な迫力
尾形光琳の「燕子花図屏風」を意識した色彩、大胆なデザイン

a0275676_2250591.jpg幕末動乱前に亡くなった基一ですから、時代を先取りした新しさがあります。
「向日葵図」のひまわりは、ゴッホをも思わせるような描写で、本当に驚きました005.gif
今回のお気に入りは、「水辺家鴨図屏風」ちょっとおデブなアヒルたちが、鳴き声が聞こえてくるように歩いている様を描いた屏風
後ろ姿まであって可愛いので、ファイルを購入
掛け軸の表装部分まで描いて、遊び心が伝わってくる掛け軸も数点展示されて、面白く工夫する粋な江戸の人を、基一に感じました。








その後は、その日まで開催されていた六本木ミッドタウン1階の富士フイルムの写真展
「世界動物遺産 最後の一頭にしてなるものか」
a0275676_22503410.jpg

白熊だけでなく、チーター、ペリカン、サイ、タスマニアデビル、ペンギンなどなど
絶滅危惧種の指定を受けている動物たちの写真が展示されていました007.gif
地球からいなくなってしまう運命は避けて欲しいと、心から願う写真展
世界中の写真家のリアルな写真、獲物を襲うライオン、口の周りに血が付くチーターなど
この岩合さんのお花畑の白熊のみ、写真OKでしたが、どれも迫力満点

a0275676_22523681.jpg3つ目は、広尾の山種美術館へ
「浮世絵 六大絵師の競演」
美術館所蔵の鈴木晴信・鳥居清長・喜多川歌麿・東洲斎写楽・葛飾北斎・歌川広重の浮世絵がズラリと並び、浮世絵の変遷がわかるようで、楽しい時間でした。
写楽の浮世絵は、やはり珍しいので嬉しい
開催期限ギリギリセーフでしたから、ラッキーでした006.gif

驚いたことに、写楽の2点のみ、フラッシュを使用しなければ撮影がOKだったこと
息子が先日メトロポリタン美術館でフェルメールの写真を撮影してきて、海外はOKなのねと思ったばかりでしたので・・・
作品保護やモラルの問題もあるので、どちらが良いかは一概には言えませんが、日本の美術館も変化のきざしがあるのかもしれませんね。

半日あまりで3つの展覧会を回って、楽しいお休み053.gif
退職後の楽しみにするためには、一番は脚力かしらも実感です。
[PR]

# by greenkatastumuri | 2016-10-10 23:01 | 美術展 | Comments(0)

今年も奈良に行って来ました! 宇陀松山

奈良旅の2日目は、従姉のおすすめの宇陀松山に行って来ました。

a0275676_21483532.jpg近鉄の槙原駅から1時間に1本のバスに乗り、大宇陀方面
まず、迷いながら「阿紀神社」へ
「元伊勢」と称されている神社なので、伊勢神宮と同じ造りのお社
境内には、江戸時代の藩主が寄進した能舞台があります。

そのすぐそばには、阿紀神社の旧社地の「高天原」というパワースポット
壬申の乱の際に、後の持統天皇が夫の後の天武天皇と草壁王子を連れて吉野からこの地を通ったと説明の看板があり、古代史の超有名人物の登場にビックリ005.gif
この地が古代から「阿騎野」とよばれていた歴史を感じました。

その後は、国の重要文化財に指定されている松山地区の「まちなみ」を散策001.gif
「宇陀千軒」という名前が残っている通りに、交通の要所として近年まで栄えた地であり、古い町屋がたくさん残っています。
このような立体的な看板も残っています。(現役のお店で、お菓子のきみごろもはスポンジのようで美味)
a0275676_21545173.jpga0275676_21551881.jpg











ほとんどが現役の居宅で非公開ですが、薬問屋であった江戸時代末期の町屋が「薬の館」として公開
今なら建売住宅一軒分の価格はするという立派な立体的な看板、家の中に蔵が3つと、豪華!
a0275676_21584654.jpg

この松山地区は、薬問屋の看板が多いため質問したところ、『日本書紀』に薬の生産があったという記述があり、その歴史の古さだけでなく、奈良出身有名な製薬会社の創業者が多いそうです。

宇陀松山地区は、葛の名産地であり、寛政3年に建てられた黒川本家では葛粉、葛干菓子を買いました。
入るには、ちょっと敷居が高かったですけれども・・・
a0275676_2205845.jpg


徳川吉宗の時代からある「森野旧薬園」があり、ここは見学ができますが、今は使っていない葛の製作場を見て「ここ来たことあるな」と・・・・
40年前の学生時代に訪れていたと思いますが、町並みについては記憶なしです002.gif

お昼ご飯は、従姉が予約してくれていた「大願寺」の薬草料理
精進料理で、野菜、薬草、豆腐(鮮やかな前菜、葛のお刺身、ドクダミの天ぷら、黒米、生の甘酒などなど)、身体に優しく味も良く、目も舌も楽しむ事ができました。
a0275676_222978.jpg

このお寺の境内には、通称「おちゃめ庚申」様
江戸時代の人の信仰の対象の庚申様の線彫りが、なぜか宇宙人のようにも見えて、面白い003.gif
a0275676_223911.jpg

毘沙門堂には、狛犬ならぬ狛虎がいて、ちゃんと阿吽していてい、楽しい発見

a0275676_2265888.jpg松山城跡のふもとにある春日神社の手水鉢の所には、松山城からの抜け穴があり、春日神社のご神木の神様には、自然のパワーを感じました。

カキ氷を二人で食べるほど暑すぎる天候の日に、案内をしてくれた従姉に感謝!!

奈良市街を離れた宇陀松山で、自然からの力を得られた感じです056.gif
[PR]

# by greenkatastumuri | 2016-10-02 22:14 | 奈良 | Comments(0)